So-net無料ブログ作成
-| 2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

甲子峠

甲子峠 (かしとうげ)は、福島県西白河郡西郷村、南会津郡下郷町の境界にある峠。国道289号が経由している。標高は1400メートル。概要福島県中通り地方南部の白河市などと、福島県会津地方南部の地域を結ぶ道中にあり、奥羽山脈の分水嶺を越える。現在は改良され、甲子道路を経由する国道が開通している。改良が完了するまで、会津側から峠まで上ることができたが、中通り側は整備が進んでおらず、麓の甲子温泉付近までしか上ることができなかった。当時、未改良の区間は登山道が整備されており、これは"登山道国道"と言われていた[1]。現在の甲子峠2008年9月21日に甲子道路が開通し、整備された道路を自動車で通行することが可能になった。この道路は甲子トンネル、甲子大橋などによって構成されているほか、国立公園(日光国立公園)内に位置するため、"エコロード"という自然に配慮した計画で整備が行われた[2]。脚注^ 山さ行がねが - 甲子峠^ 国道289号甲子道路関連項目日本の峠一覧 「http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B2%E5%AD%90%E5%B3%A0」より作成カテゴリ: 郡山市 | 福島県の道路 | 東北地方の峠 | 日本の峠隠しカテゴリ: 道路関連のスタブ項目

グルジア語で日本のニュースを読む
真鶴釣り情報
クレジットカード現金化 比較
パチンコ攻略
競馬情報

-|2009年12月 |2010年01月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。