So-net無料ブログ作成
検索選択

<幹細胞>政府の姿勢を「研究阻害」と批判…京都大准教授(毎日新聞)

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)やヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)などの研究を巡り、京都大人文科学研究所の加藤和人准教授(生命倫理)らが、政府や研究者社会の姿勢により研究が阻害されているとする論評を6日付の米科学誌「セル・ステムセル」(電子版)に発表した。官僚システムの対応の遅さなどを批判している。加藤准教授らは、ヒトのES細胞などの例から「日本では研究指針の策定に議論開始から5〜10年かかる」と指摘している。

【関連ニュース
iPS細胞:臨床研究で使用可能に 厚労省専門委が指針案
新・多能性幹細胞:「ミューズ」と命名…東北大チーム発見
学士院賞:iPS細胞研究の山中氏ら11人に
ヒト生殖細胞研究
幹細胞による再生医療

手押し車の92歳、踏切ではねられ死亡(読売新聞)
諫早干拓 長崎知事、開門調査は慎重に 農相に申し入れ(毎日新聞)
【静かな有事】第4部 少子化を止めろ(2)出産後の「働きがい」がカギ(産経新聞)
箱根・彫刻の森美術館、来館者3千万人達成(産経新聞)
喜光寺の南大門、450年ぶり再建 行基ゆかり、奈良で落慶法要(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。